メニュー

会長からのご挨拶
役 員




無機材会事務局€


〒152-8552
東京都目黒区大岡山2-12-1
東京工業大学
南7号館510号室

管理者専用テストページ
会員テストページ






2018年8月10日無機材会関西支部見学会と懇親会のお誘い



無機材会(旧窯業同窓会)会員、蔵前工業会員各位

無機材会関西支部支部長 横川善之



無機材会関西支部では下記の通り見学会と懇親会を企画いたします。多くの皆様のご参加をお待ちしております。


・日時:2018年8月10日(金)

<見学会>
・集合時刻:15:00
・集合場所:京阪電鉄 清水五条駅 4番出口
・見学先:「京都五条坂 陶器まつり、河井寛次郎記念館」京都市東山区五条坂鐘鋳町569

<懇親会> ・開始時刻:18:00
・参加費:4~5千円(予定)

・ 申込締切:7月末日
・ 申込方法:無機材会関西支部・担当幹事宛メールまたはFaxにてお申し込みください。
・ 担当幹事;久木野 暁  Fax:072-771-0562、E-mail:kukino@sei.co.jp 

清水焼発祥の地として知られる五条坂 陶器まつりを訪れ、河井寛次郎記念館で窯業科の大先輩である河井寛次郎氏の作品を観賞します。前回、大阪にある日本民芸館で民芸運動の品々を観賞しましたが、民芸運動にも関わった河井寛次郎氏の作風の変化に触れたいと思います。当日は、特別に、職員による解説を予定しています。なお、これまで大阪市内で行ってきた懇親会は、今年は京都で開く予定です。詳細は後日、掲示いたします。





2017年12月無機材会関東支部見学会報告

 歳の瀬も押し迫った12月26日(火)に無機材会・関東支部見学会が開催された。幸い天候に恵まれ,またトラブルも無く,充実した見学会を開催できました。皆様のご協力に心から感謝申し上げします。

 見学先は群馬県・太田の㈱SUBARUと群馬県・藤岡の東京レーダー㈱で、移動の足を確保するために無機材会の役員に車を出してもらった。当初、町田、南浦和,高崎を予定したが,参加者の一人が熊谷からも出して下さることとなり4台となった。出発地の近くの参加者は夫々の車に分乗し、直接電車で太田駅まで行った人を会わせて計11名がSUBARU㈱の駐車場に定刻の10時45分に集合した。申し込みは12名であったが,一人は風邪のため皆に移さないようにと断念された。

 水平対向エンジンが売りの㈱SUBARUでは,プレス工程,溶接工程,最終仕上げ工程まで一貫してみることが出来た。此れまで見学したホンダの寄居工場(2016年秋)、日産の横浜工場(2017年秋)は夫々特徴が有ったが、SUBARUでは特に仕上げ工程に作業員の数を掛け,人間味のある作業を入念にしている様子は,興味深く見学することができた。

 昼食はSUBARUの前進中島自動車の創業者中島伊佐治翁の愛用した割烹「明養軒」で割烹料理を満喫した。1500円(税抜き)は、多いにお特感が有り,料理の覆いとしての戦闘機「剣」の図面を土産に持ち帰った。

 東京レーダーは,此れまで見たことの無い分野の見学で、少量多品種のプリント基板の製造工程を詳細に見せてもらうことが出来た。テープに付けたコンデンサーチップを巻いたリボン,抵抗を巻いたリボン,半導体を巻いたリボン等が機械にセットされ,組み付けられ,裏からハンダをプリントして、加熱炉を通して製品となり,最終検査に回る工程は大変興味深く見学させてもらうことができた。

 夜は,藤岡駅近くのガストで,一時間ほど夕食を摂りながら歓談した。運転をされた皆様には、お酒を我慢して頂き、そのお陰で,夫々無事に帰宅した。運転手の皆様、運転手の眠気を払うべく話しかけて下さった同乗者の皆様、お疲れさまでした。

(文責:石黒隆,安田榮一)


㈱SUBARU 群馬製作所 矢島工場にて


2018年2月無機材会関西支部見学会と懇親会のお誘い



無機材会(旧窯業同窓会)会員、蔵前工業会員各位

無機材会関西支部支部長 横川善之



無機材会関西支部では下記の通り見学会と懇親会を企画いたします。多くの皆様のご参加をお待ちしております。


・日時:2018年2月10日(土)

<見学会>
・集合時刻:15:00
・集合場所:地下鉄御堂筋線南南改札口(南改札口の出口専用-南口)
・見学先:「日本の伝統的工芸品-近畿・四国の陶磁器展」日本工芸館 大阪市浪速区難波中3-7-6

<懇親会> ・開始時刻:18:00
・開催場所:旬彩 旨魯(予定) 大阪市阿倍野区阪南町1-50-2 tel06-6623-1139
・最寄り駅:地下鉄御堂筋線昭和町
・参加費:4~5千円(予定)

・ 申込締切:1月末日
・ 申込方法:無機材会関西支部・担当幹事宛メールまたはFaxにてお申し込みください。
・ 担当幹事;久木野 暁  Fax:072-771-0562、E-mail:kukino@sei.co.jp 

大阪には陶磁器を展示する多くの美術館・博物館があります。前々回は、中之島の東洋陶磁美術館で東洋陶磁器のコレクションを鑑賞しました。今回、大阪ミナミに位置する日本工芸館で、近畿・四国の陶磁器展を鑑賞します。また大阪には、戦災に残った歴史あるビルや建造物が数多くあります。その一つで、建屋が昭和初期の長屋として大阪市有形登録文化財に登録されている豆富・京懐石「旬彩 旨魯」で懇親会を行います。               





2017年度無機材会関東支部見学会のお知らせ



無機材会会員各位

窯業同窓会関東支部長 石黒 隆



無機材会・関東支部主催の見学会を下記の通り開催します。今年は、SUBARU自動車と東京レーダーを見学させて頂く事になりました.多くの皆様のご参加をお待ちしております。


・日時:2017年12月26日(火)10:30~17:00 (現地集合・現地解散)
・ 集合場所:東部伊勢崎線太田駅(群馬)集合
・ 見学先1:㈱SUBARU 矢島工場:SUBARUビジターセンター(工場説明ビデオ鑑賞、展示ホール)、生産工場見学(プレス工程、溶接工程、最終組立工程))詳細はこちら
・昼食:世良田の割烹「明養軒」(中島飛行機の創始者中島知久平が愛用した割烹)で知久平御膳を賞味。 詳細はこちら
・見学先2:東京レーダー:無線システム開発並びに基板設計(狭ピッチ基板実装ライン見学を交渉中) 詳細はこちら
・ 参加費:3000円~4000円(太田/藤岡間の交通費並びに昼食代として、参加人員により変動しますので、現地で申し受けます)
・定員:15名 (OB・教職員・学生の区別なく先着順とします。)車を出してくださる方が居ましたら20名まで可。
・ 申込締切:11月25日(土)(定員になり次第締め切ります。)
・ 申込方法:e-mailにて下記必要事項をご記入の上,office@mukizai.com宛直接お申し込みください。
(必要事項:氏名,卒業年、勤務先(リタイアされた方は元勤務先)、緊急の連絡方法、現地までの移動手段(電車、事務局の準備する車、自分の車))
・ 担当幹事;安田榮一: e-yasuda@muh.biglobe.ne.jp 
・ 当日の緊急連絡先:  090-5584-9426 (安田の携帯)

尚、事務局の準備する車3台は町田駅,南浦和駅,高崎駅から出発しますので,同乗を希望される方は、希望出発駅をお知らせ下さい。集合時間等は後日お知らせします.
動きやすい服装でのご参加をお願い致します。また、サンダルやスカートでの参加はご遠慮下さい。

以上

              








Previous Page Home Page
無機材会事務局 東京工業大学 大岡山キャンパス 南7号館510号室
連絡先: office@mukizai.com